トップ >> FX/CFD取引初めての方へ >> CFD(差金決済取引)のメリットとは?
CFD(差金決済取引)のメリットとは?
レバレッジ効果で投資資金以上の運用が可能

CFDでは、FXと同様に投資家が預けた証拠金を担保として、その数倍~数十倍の金額(商品によって異なります)を運用することが可能です(これを「レバレッジ効果」と呼びます)。

CFDは、このレバレッジ効果により、少額の資金で多額の利益を得ることもあれば、逆に多額の損失を被ることもある、いわゆるハイリスクハイリターン型の取引ですので、取引を行う際には商品の性質を正しく理解し、適切な金額で投資を行う必要があります。