トップ >> くりっく365・くりっく株365とは? >> 「くりっく株365」の仕組み
「くりっく株365」の仕組み
現物を保有しない差金決済取引

「くりっく株365」では、現物の株取引等と異なり、実際に手元に商品を受け取らず、株価指数を「買った」または「売った」ことにして取引を行います。
買値と売値の差額(差金)を決済することで、投資家の皆様は利益を狙うことができます。

金利相当額・配当相当額の受け払いが発生

「くりっく株365」では、建玉を保有し続けることにより金利相当額・配当相当額の受け払いが発生します。

(金利相当額)
「金利相当額」とは、『「くりっく株365」の買い建玉を持つ場合に投資家が支払い、売り建玉を持つ場合に投資家が受け取るもの』で、いわば買い手にとっ ては、株価指数を構成する銘柄を保有することに伴う資金調達コストに、一方売り手にとっては、同じ銘柄を売却することに伴う資金運用益に相当します。店頭 市場で行われているCFD取引の多くは、この投資家が受払いする金利相当額が、以下のように設定されています。

(買い建玉を持つ投資家が支払うべき金利相当額)>(売り建玉を持つ投資家が受け取るべき金利相当額)

しかし、「くりっく株365」ではこの金利相当額を受取側と支払側で同額(一本値)に設定しています。また、金利相当額の算出には、日本銀行の政策金利で ある無担保コール翌日物誘導目標を利用するなど、投資家の皆様にもわかりやすい商品設計としています。

完全マーケットメイク方式による価格提供

「くりっく株365」では、「くりっく365」と同様にマーケットメイク方式により取引が行われますので、投資家の皆様の委託を受けた取扱会社の注文は全てマーケットメイカーを相手方として付け合わされます。取引できるレートは、複数のマーケットメイカーにより提示される価格の中から、最も安い売り価格(売呼び値)と、最も高い買い価格(買呼び値)を抽出し、リアルタイムで提供しています。そのため、投資家の皆様はその時点における最も有利なマーケットメイカーによる価格で取引を行なうことができることになります。なお、マーケットメイカーとは、金融取へ価格の提供を行っている取引参加者である金融機関のことです。

建玉の決済方法

「くりっく株365」では、これまでの「くりっく365」と同様に建玉の決済方法として、先入先出法(オートネッティング)と、指定決済法からの選択が可能となっています。

両建てについて

「くりっく株365」では、「くりっく365」と同様に、同一の株価指数の売建玉と買建玉を同時に保有し、既存建玉間での決済を行うことが可能です。