トップ >> くりっく365・くりっく株365とは? >> 「くりっく株365」の特徴とメリット
「くりっく株365」の特徴とメリット
取引期限のない取引

「くりっく株365」では、保有する建玉を決済しない限り、自動的に翌取引日にロールオーバー(繰り越し)されますので、取引期限を気にせず取引をすることができます。

日経225の取引がほぼ24時間可能

現物の株式市場と異なり、「くりっく株365」の日経225証拠金取引では、ほぼ24時間の取引が可能となります。
また、土曜日・日曜日を除き、それぞれの株価指数の取引日は現地株式市場の取引日に準じていますので、わが国の祝日においても海外の株価指数を取引することが出来ます。
日中忙しくて、株式相場の動向をチェックすることや、発注を行うことが出来ない投資家の皆様でも、取扱株価指数や時間帯を選んで取引できるため、利便性の高い市場を提供しています。
※海外株価指数については、指数ごとに取引時間が異なります。

レバレッジ効果で投資資金以上の運用が可能

「くりっく株365」では、投資家の皆様から預かった証拠金を担保として、その数倍の金額(取扱会社によって異なります)を運用することが可能です。これをレバレッジ(てこ)効果といいます。

「くりっく株365」は、このレバレッジ効果により、少額の資金で多額の利益を得ることもあれば、逆に多額の損失を被ることもある、いわゆるハイリスクハイリターン型の取引ですので、取引を行う際には商品の性質を正しく理解し、適切な金額で投資を行う必要があります。

「買い」からも「売り」からも取引が可能

「金利相当額」とは、『「くりっく株365」の買い建玉を持つ場合に投資家が支払い、売り建玉を持つ場合に投資家が受け取るもの』で、いわば買い手 にとっては、株価指数を構成する銘柄を保有することに伴う資金調達コストに、一方売り手にとっては、同じ銘柄を売却することに伴う資金運用益に相当しま す。店頭市場で行われているCFD取引の多くは、この投資家が受払いする金利相当額が、以下のように設定されています。
(買い建玉を持つ投資家が支払うべき金利相当額)>(売り建玉を持つ投資家が受け取るべき金利相当額)

しかし、「くりっく株365」ではこの金利相当額を、受取側と支払側とで同額(一本値)に設定しています。また、金利相当額の算出には日本銀行の政策金利である無担保コール翌日物誘導目標を利用するなど、投資家の皆様にもわかりやすい商品設計としています。