トップ >> くりっく365・くりっく株365とは? >> 「くりっく株365」と店頭CFD取引の違い
「くりっく株365」と店頭CFD取引の違い
「くりっく株365」と店頭CFD取引の違い

株価指数を原資産とした証拠金取引には、金融取の「くりっく株365」(取引所取引)と店頭取引(非取引所取引)があります。店頭取引では、株価指数「CFD」(Contract for Difference=差金決済取引)という呼び方で一般的に知られています。 それぞれの違いを下表にまとめました。

  「くりっく株365」 店頭株価指数CFD取引
取引可能時間 原則、土・日・祝祭日(現地株式市場)を除いた毎日
ほぼ24時間取引可能(海外株価指数を除く) 取扱会社によって異なる
税率 総合課税方式が適用され、
税率は所得額によって15~50%
雑所得扱い
申告分離課税方式が適用され、
税率は一律20% 雑所得扱い
翌年度
以降への
損失繰越
確定申告により可能(最長3年間) 不可能
損益の
通算
証券・商品先物取引
などと通算が可能
不可能
取引価格 複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格で取引ができる CFD取扱会社により提示された
価格での取引